マナーの基本事典 冠婚葬祭のすべて 

日本の行事における様々なしきたりについての疑問を解決するマナーの基本事典

おしゃれな出産内祝いって何?押さえておきたい出産内祝いのマナーと人気の品

f:id:gifcon2:20180410195506j:plain

最近ネットの検索でも「出産内祝い おしゃれ」などというキーワードをよく見かけるようになりました。

一昔前までは出産の内祝いに限らず内祝いといえば「我が家にめでたいことがあったのでそのお福分け」という意味合いがあったものですが、今では「内祝=お返し」となり、物品に不自由することのない時代において「どうせ贈るならおしゃれなものを」「同じ頂くなら欲しいものを」と合理的に考え、内祝いも頂いたお祝いへのお返しとしての役割が強くなったように感じられます。

こういった感覚からか、内祝いに少しでも良い物を・おしゃれな物をと考える方が増えたのでしょうか。

色んな物が溢れる時代だからこその考えだとは思いますが、内祝いの本来の意味と、出産内祝いの基本的なマナーを知ってこそ、本当におしゃれで"粋"な贈り物ができると思いますので、この記事では出産内祝いで人気の品をはじめ内祝いの基本マナーについてご紹介致します。

内祝いとは

先述にもあるようにお祝いを頂いたかどうかに関係なく「我が家におめでたいことがあったので、一緒に祝ってください」とそのお披露目も兼ねたお福分け、つまりは「内(家)のお祝い」というのが本来の内祝いの形で、近所に赤飯などを配って行うものでした。

f:id:gifcon2:20170601135839j:plain

それが時代とともに「お返し=内祝い」という認識が強くなり、お祝いを貰った場合のみ内祝いをするという方が多いのではないでしょうか。

また、この考えが当たり前となっている昨今では、本来の内祝いの意味通りにお祝いを頂いてない方へも内祝いをすると、お祝いをしていない人は変に気まずく感じ、さらにはお祝いの催促や嫌味と取る方もいるかも知れません。

地域によっては家族にめでたいことがあったらご近所に自治会などで積み立てた少額の金券を配る所もあります。

今ではそういうご近所間の繋がり自体が珍しいこともあり、また個人情報やプライバシー保護の観点などからも、お祝いを頂いた方へのみ内祝いをするという流れになったのかもしれませんね。

出産内祝い のしの書き方

f:id:gifcon2:20170708112513j:plain

水引と呼ばれる真ん中の結び目を境に、水引の上部に「出産内祝」や「内祝」などと用途を書き、水引の下部に子供の名前を書きます。

出産内祝いは子供の誕生のお披露目も兼ねていますので、子供の名前にはふりがなを入れるのが良いでしょう。

せっかく子供の名前を明記するのですから、ふりがなも入れてきちんと新しい家族の紹介としたいところです。
昨今では見ただけでは読み方が難しい名前も増えていますので、できればふりがなを入れてあげたほうが親切でもありますね。

メッセージカードや命名札を添える場合

f:id:gifcon2:20170708135858j:plain

のし掛けとは別に命名札やお子様の写真入りのメッセージカードなどを品物に添える場合は、命名札に子供の名前を書くのでのし紙には苗字だけにする方法もあります。

この場合「田中家からの出産内祝いで、新しい家族は花子(かこ)です」という風に、くどくなり過ぎない方法としてもおすすめ。

出産内祝いにおすすめの品物って? 

昔は赤飯などを配っていたと先述にも書きましたが、現代ではそういった内祝いの風習よりも「頂いたお祝いに対してのお返し」としての役割が大きくなっているため、品物選びのハードルがより高くなった気がします。

基本的には何を贈ってもいいのですが、中でも出産内祝いらしい人気商品や、出産内祝いに限らず贈答品としてふさわしくないタブーとされる品物をまとめました。
品物選びに迷ったら贈答品のタブーを避けるだけでも実践してみてはいかがでしょうか。

出産内祝いで人気・定番の品

出生体重のお米 お米は贈りものとして人気の高い商品。出生時の体重と同じ重さのお米ギフトは出産内祝ならではの人気商品
名入れ食品 赤ちゃんの名前入りのお菓子やジュースなどの食品は出産内祝の定番
タオル 自分では買わない上質なタオルギフトはもらって嬉しい定番の品。先方に子供がいる場合はかわいいキッズタオルも人気
カタログギフト 値段の幅が豊富で相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトはお返しが多い場合などに便利

名入れ商品のあれこれ

「せっかくの出産内祝いだから可愛くしたい」とお考えなら子供の名前入のスイーツや食品などがおすすめ。

「子供の写真を添えるのはさすがにやり過ぎかしら?」と思っても、食品などの消耗品なら受け取った相手も消費しやすく、見栄えもいいので利用しやすいのではないでしょうか。

また、カステラやクッキーなどに直接名入れしてあるものは食べづらいと感じる方もいるようですので、化粧箱やプレートなど付属品に名入れされているものだと抵抗なく頂くことができるでしょう。
プレートに名入れされているものなら取っておいてアルバムに入れておくということもできるので、親族や親しい相手への内祝いでも喜ばれると思います。

贈答品のタブー

特に出産内祝いとしての厳密なタブーはありませんが、贈答全般にふさわしくないとされるものは以下の通り。

日本茶 弔事でよく使われることからお祝い事には不向きとされる
ただ、近頃ではお茶の芽は「摘んでも摘んでも芽が出てくる」ことから「お芽でたい」とされ縁起物として利用されることもある
包丁 「切れる」などを連想させることから刃物類は贈りものとしてはタブーとされる
ハンカチ 「別れ」「涙」を連想させるとして祝いの品には不向きとの見方がある
現金・商品券 目上の方に贈る場合や、お祝いとして現金や商品券をもらっている場合などは、お祝いを突き返したように捉えられることもあるので気をつけましょう
また、額が明らかになりすぎるため生々しいと避けられることもある

おしゃれな内祝いにこだわるのももちろん素敵なことですが、内祝いの基本を知るか知らないかでは相手に与える印象は随分違うと思います。

大切なギフトは信頼できるお店に!

おすすめの「おしゃれな出産内祝い名入れギフト」はこちら↓
かわいいだけじゃなく、有名所の美味しいスイーツは見た目以上の満足感があると思いますよ♪
赤ちゃんの写真入りメッセージカードも自分でデザインを選んで作成できるので楽しんで内祝いの品物選びができるのでおすすめです。
贈答品が必要になったらいつもこちらを利用しますがスタッフの方の対応が丁寧で安心してお願いできるので是非ご参考にしてみてくださいね。

f:id:gifcon2:20180205162434j:plain

f:id:gifcon2:20180205162434j:plain

f:id:gifcon2:20180205162434j:plain

写真入りメッセージカードものし包装も無料!ギフトアットマリーf:id:gifcon2:20180205162434j:plain